2014年06月23日

気仙沼にてランチ






今日は友人と隣の気仙沼へ

俳優渡辺謙さんがオーナーとのお店に

選んだのはカレー

オサレな器が素敵♪



渡辺謙さんは毎日FAXでお店にメッセージを送ってくるそうで

店先には今日付けのメッセージがありました

達筆の筆文字で今ロケ中ということ

また一年の半分過ぎて出来たことできなかった事を省みてる

という内容だったような…

震災の風化を言われる今

小さな事だけど 

誰かに評価されたりすることではないけど


確かな行動をコツコツと続ける姿勢を見習いたいと思います









カレーのあとは勿論デザート

外のテーブルで買ったケーキを食べれるケーキ屋さんでした

試食のマーブルケーキもつけてお茶と一緒に〜


しばし別世界に行ってきた気分です♪



posted by 御神酒 at 20:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

ちょっとお知らせ



昨日から今年の七夕始まりました





そして昨日も工場の中に入ってきたニャー君

事務所に顔出してニャー

と鳴いて旦那に来たよーと知らせ

ダメダメと撤収されながら

身体をよじって抵抗する彼でした(笑)

出された後の哀愁のお座り…


施術に使用している事務所が今日から改装されます

一週間か10日くらいちょっと日中は対応出来ないと思います


工場現場で良ければ夜のみ対応します^^;

出来上がりをお楽しみに〜


posted by 御神酒 at 19:42| Comment(0) | ゆったりセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

震災体験集







今年も市内の婦人団体の震災体験集が出来上がってきました

今回も挿し絵で参加させていただきました

今回は震災後の炊き出しや支援活動が主な内容

しかしそこには地震や津波で亡くしたもの 経験したものが

瓦礫になったり遺体になったりするだけでなく

生き残った人たち 被災したしないに関わらず

深く深く傷を残して行くという現実を装飾のない短い文の中に感じさせていきます


絆 頑張ろう 復興 元気 友達 

あの日以来内外の沢山の言葉や体験が私達を励ましてくれた事も事実

しかし予想不可能な想像を絶する苦しみ悲しみ切なさを

人間は味わっても 心の中にしまい込んでも

瞬間瞬間自分以外の誰かのために動く事が出来るのだと

悲しくても笑顔で今を生きることが出来るのだと

あの震災直後の避難所で
大勢の着の身着のままの私達を親身に受け入れてくれた

職員の方々と炊き出しのために一緒に働いた当時

また今震災前のように親しい夕方達と
夜のふけるのを忘れて語らう事が出来るようになった今こそ

強く感じるのです



一度は潮と泥に沈んだ街

そこから見ると

上辺だけ飾った人間性や綺麗事の優しさなどは

壊れやすいプラスチックのおまけのように

手のひらで見透かしてしまう


仮設に来た当時駐車場に入ってきた被災を免れたらしい老人から

「お前ら家流されたのか」

と笑いながら言われてから早三年

自分が被災者だという現実と被災地という言葉の儚さをもう一度知りました



自分も含めて

年をとればとるほど

今の人生を与えてくれた天に向かって軸を持ち

育ててくれたこの地に足をつけた人間にならないといけないのだと

思います











posted by 御神酒 at 06:29| Comment(0) | パステル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。